人生を脇役で終わらせない! 美構造フェイシャル&開脚

かめびあん* 元納棺師の美構造フェイシャル&開脚認定インストラクターが綴る、こころとからだとにゃんこのつれづれ日記

自分軸

前々回の記事で、自分軸のことにすこし触れたのですが、

 

私の前に、立て続けにあらわれた文章が、

 

とてもリンクしているように思ったので、

 

書き残してみたいと思いました。

 

 

 

いつもとてもわかりやすく、

 

私の心にす~っと入っていくこちらのブログ

 

昨日の内容を少し抜粋させていただきます。

 

 

「あなたは、あなた王国の国王であり、女王であり、王子であり、王女だ。
誰かが創った国に生きているのではない。
あなたという国に生きているのだ。

そしてその国は誰かのためにあるものではない。
あなたが自由に創造し、楽しみ、歓び、感動するためにあるのだ。
あなたの国の住民もまた、あなた自身なのだ。
だから誰かを喜ばせたり、誰かのために行動しなくていいのだ。
あえて言うのなら、あなたという住民を喜ばせるための国を造ればいい。

 

 誰かは言うだろう。そんなことではこの国は破たんしてしまいます。
そして誰かは言うだろう。国を繁栄させるためには
これが必要、あれが必要、こうあるべき、こうするべき…と。

しかし、王はあなたであり、住民もまたあなたなのだ。
そしてあなたという神が創造する国は、そう簡単に潰れはしない。
誰かの言葉に惑わされるな。民の声を聞け。
民とはそう、あなた自身の声。あなたがどう在りたいか。
それがあなたという国で最も大切なことなのだ。

一国の王として、堂々と構えよ。あなたは選ばれし者なのだから。」

 

 

 

 

そのあとに見た、ソニアさんのブログ、(一部抜粋しています)

 

「外の世界のいかなるものも自分を救済できない」
「外の世界のいかなるものも自分に平和を与えてくれない」
「外の世界のいかなるものも自分の平和を邪魔するものはない」
「外の世界のいかなるものも自分を傷つけるものはない」
「外の世界のいかなるものも自分の心をかき乱すものはない」

あなたは宇宙です。
この宇宙を担当しているのはあなたです。
これは部分的に受け入れることではありません。
これを受け入れること自体が「救済」なのです。

 

 

 

頭や心のどこかでは、わかっているけど、

何かあったら、

周りのせいや、環境のせいにしたり、

自分を卑下しすぎてしまったり、

挙句は、人のことを貶めるようなことを言ってしまったり。

 

外の世界から、いろんなものがやってきて、

そのせいで思うとおりに行かないと思ってしまったり、

 国王になりきれず、周りの意見ばかり聞いてしまって、

一体だれが何のために作った国なのか

わからなくなったり・・・・

 

 

何度も何度も聞いたことのあるような

ことではありますが、

今のこのタイミングで目にすると、

また心への伝わり方も深いところまで

行っているように感じました。

 

 

 

映画のトゥルーマンショーのように、

知らない間に、自分が誰かのシナリオを生きていた

というようなことのないように!!!

 

自分軸週間!!まだまだ続きます❤

 

 

揺らぎやすい私に、友達が教えてくれた

心屋さんのブログも、

(*´∀`*)ホッ-3とする内容でした。