Kamebian ★ 美構造 開脚セッションとモノづくり

かめびあん* 元納棺師の開脚インストラクターが綴る、こころとからだとにゃんこのつれづれ日記

ソウくん。

f:id:sualuz11:20170308132434j:image

まだ全然受け止められていないけど、

2月23日午前5時

ソウくんが亡くなりました。

 

これは、21日朝の写真。

まさかこんなに急に逝ってしまうなんて。

 

2週間経ちますが

全く心がついて行きません。

 

なんでこんな急に。。。

 

16歳は間違いなく迎えられると

思っていたし、

桜は見れると思っていたのに。

 

ちーちゃんが亡くなった時、

寂しいだろうから、

保護犬くんを迎え入れようかな?

とか考えたこともあるんだけど、

やっと、愛情を独り占めできると

ソウくん自身も

あまりほかの子を望んでない

気がして、

 

実際、アニマルコミュニケーターさんと

お話する機会があった時も

ソウくんはいまは一人がいいって

言ってたと聞いたし、

 

最後までそうくんと向き合う。って

決めたんです。

 

今まで、わんこが亡くなって

辛くて辛くて、、、な気持ちも

残っているワンコ達に心配ばかり

かけられなくて、

その思いがあるから、

耐えられたし、

辛さも乗り越えてこられた

だけやったんやー。って

気付かされた。

 

 

最後の1匹、ソウくんが

いなくなって、

初めてペットロスって

こういうことなんや。

 

と知りました。

 

 

ソウくん、お母さんは寂しくて

辛くて、しょうがないよ。。。

 

もぅ、ほんまに仕事とかどうでもいい。

ごちゃごちゃごちゃごちゃ

どーでもええことばっかり、

うるさいわ!!!!

って感じ。

 

ソウくんがいてくれたから、

新しいこと学ぶのもたのしくて、

前向きになったり、

カリカリしやんとこーって

思ったりしてたんやなぁー。

 

いつまでもくさってても、

しょうがないけど、

かなしいわ。。。

 

ソウくん。。

最後の最後まで、

いい子すぎたよ。

 

とうさんも、かーさんも

深い深い悲しみの中にいても

この言葉しかでてこないよ。

 

「ありがとう」

 

f:id:sualuz11:20170308133552j:image